元へ戻る宮崎県熊本県鹿児島県大分県長崎県福岡県佐賀県

福岡県:事前土砂災害防止完成工事・地域防災コラレーター情報

福岡情報:九州電力玄海原発(福岡県)の事故時に受け入れ先となる原発事故避難所の中で3ヵ所が、全て危険な土砂災害 警戒区域にあります。「避難者全員の受け入れが最優先で、すべての災害に耐えられることまで要件にしてしまうと、施設を確保できない恐れがある」との説明 http://bit.ly/2qrt3z7

福岡県下においても、近年頻発し最も身近な危険である「急傾斜地警戒区域」等、土砂災害を未然に防ぐ事前防災工事は緊急性の高い公共工事ですが、受益者負担の考えから発注工事においても市町村及び近隣の住民に負担金が発生します。

国交省NETIS・土砂災害防止新技術『無水掘工法』の活用で、34%のコスト縮減が出来ます。

急傾斜地崩壊危険箇所 : 8382 箇所 平成14年度公表)

まとめ:H26~21年度開示資料に基づき過去6年間の土砂災害防止工事に於いて  ーーーーーーコスト縮減できたであろう合計金額2億7234万円


H26年度開示資料 5250万円

業務設計分:H26・25・24・23年度情報開示資料まとめ

元へ戻る宮崎県熊本県鹿児島県大分県長崎県福岡県佐賀県