全国活用調査報告【新しい納税】
スト縮減達成 
➡7
.13億円

自治体【出来たはずの新しい納税】未活用調査報告 ➡100億円                      
国土交通省 【出来たはずの新しい納税】未活用明細  10億円
国土交通省の報道発表

主な特徴

(1)圧密削孔により施工中の泥水処理0% (2)定着地盤の地質100%確認
(3)被圧地下水の動向把握100%(4)工事の安全と大幅なコスト縮減・工期短縮32%
(5)総合的コスト縮減施策(国交省)に対応

全国活用調査報告【新しい納税】
スト縮減達成 
➡7
.13億円
自治体【出来たはずの新しい納税】未活用調査報告 ➡100億円    国土交通省 【出来たはずの新しい納税】未活用明細  10億円

NETISにおけるおける新技術選定支援システム展開

NETIS登録済の新技術(3600件)のうち、特にニーズの高い7工種(アンカー工他)に的を絞り整備を進め、
現場ごとに異なる施工条件に合致した新技術の検索・選定を支援することを目的としている。
今後、本システムが有効に活用普及されることにより、なお一層『無水掘工法』の社会的貢献が期待できる。

新領域への挑戦ーより良く、より安く、より多く

2003年スタート・コスト構造改革/総合的コスト縮減施策・国交省。
社会的コスト低減・ライフサイクルコスト低減・工事コスト低減を先取りして来ましたが、
これからも『無水掘工法』で果敢に挑戦します。                       
貴方の身近で増え続ける!尊い命を奪う土砂災害!!

土砂災害防止法施行・全国65万もの危険箇所!!

平成14年9月5日発表 大臣官房 技術調査課 公共事業調査室

国土交通省から 報道発表された山口の現場!  全国数百現場の中から本省発表を導き出した【通行規制不可能現場を、NETIS新技術『無水掘工法』で施工可能にした現場工事写真】一般国道2号線勝谷防災工事・アンカー工Φ116・L=12m×42本