平成15年7月9日中部地方整備局飯田国道事務所4工区任意施工事件

L L P 有限責任事業組合
 無水掘工法設計比較検討支援事務所
平成15年7月9日中部地方整備局飯田国道事務所4工区で落札後「無水掘工法」に設計変更され1億4000万円の工事コスト縮減に成ったにも関わらず発注者指定型パイロット事業にならず任意施工となり、翌年平成16年4月1日「設計業務等共通仕様書 第1209条 設計業務の条件」12項、が改正された。
この事件が発端となり、この後「NETIS新技術無水掘工法」の運命を変えることになる。

Comments