リカバリー関東

全国活用調査報告 ー 全国活用実績表ーーー7億1380万円コスト縮減達成内訳>  
                                全国未活用明細ーーー100億3920万円:H26~21年度
ーーーーーーー          関東活用実績表ーーー<集計中> 
ーーーーーーーーーー 関東活用明細ーーー 23億6464万円:H26~21年度 
③関東管内未活用編 事前 防災工事のコスト縮減可能だった案件 ーーーーーーーーH26~21年度試算合計:           //23億6464万円コスト縮減が出来たはずです!
山梨県H26・25・24・23年度未活用明細7億2486万円のコスト縮減が出来たはずです! 
ーーーーーー急傾斜地崩壊危険箇所 : 2715 箇所 平成14年度公表)

ーーー   山梨県:土木設計業務等共通仕様書1209条  活用検討必須事項
長野県H26~21年度の6年間未活用明細6億2742万円のコスト縮減が出来たはずです 
ーーーーーー 急傾斜地崩壊危険箇所 8910 箇所 (平成14年度公表)
調査中
ーーー 長野県:土木設計業務等共通仕様書1209条  活用検討必須事項ーーーー東京都H26・25・24・23年度未活用明細4億1520万円のコスト縮減が出来たはずです!
ーーーーー  急傾斜地崩壊危険箇所 3057 箇 (平成14年度公表)  
調査中
ーーー 東京都:土木設計業務等共通仕様書1209条  活用検討必須事項
茨城県H26・25年度未活用明細7590万円のコスト縮減が出来たはずです! 
ーーーーーー急傾斜地崩壊危険箇所 : 2309 箇所 平成14年度公表)

ーーー 茨木県:土木設計業務等共通仕様書1209条  活用検討必須事項
群馬県H26・25・24・23年度未活用明細1億2234万円のコスト縮減が出来たはずです! 
ーーーーーー急傾斜地崩壊危険箇所 : 4188 箇所 平成14年度公表)

ーーー 群馬県:土木設計業務等共通仕様書1209条  活用検討必須事項
埼玉県H26~21年度の6年間未活用明細8964万円のコスト縮減が出来たはずです! 
ーーーーーー急傾斜地崩壊危険箇所 : 2907 箇所 平成14年度公表)

ーーー 埼玉県:土木設計業務等共通仕様書1209条  活用検討必須事項
神奈川県H26~21年度の6年間未活用明細1億5780万円のコスト縮減が出来たはずです 
ーーーーーー 急傾斜地崩壊危険箇所 7163 箇所 (平成14年度公表) 
ーーーーー8月27日NHK横浜市警戒区域2000か所 
2014/08/27
   
(NHK総合[おはよう日本])
ーーーーー          土砂災害危険箇所 : 8160箇所 平成14年度公表)
調査中
ーー  神奈川県:土木設計業務等共通仕様書1209条  活用検討必須事項
                                 項)ーーーー千葉県H26~21年度の6年間未活用明細6592万円のコスト縮減が出来たはずです!
ーーーーー  急傾斜地崩壊危険箇所 9071 箇 (平成14年度公表)
調査中
ーーー 千葉県:土木設計業務等共通仕様書1209条  活用検討必須事項   
栃木県H26・25・24・23年度未活用明細8556万円のコスト縮減が出来たはずです! 
ーーーーーー急傾斜地崩壊危険箇所 : 3529 箇所 平成14年度公表)
   ーーー 栃木県:土木設計業務等共通仕様書1209条  活用検討必須事項
Comments