障がい者による『事土砂防災活動』プロジェクト テイクオフ!
 災害が起きた時、自分たちの命ををいかにして守るか『減災』について、地域、社会、学校教育の活動は、今や大きく成長しています。その中で、特に障がい者、生活弱者の安全をいかに確率するかに力を注いでいただいています。

私たち障がい者ができる社会参加として、この20年で1.5倍となった身近な土砂災害の『事防災』の在り方について、一緒に考え行動を起こしませんか?
 行政政策に於いても、国土の強靭化を法制化しています。身近なところで、行政との協働作業によりできることがたくさんあります。

ただいま全国の生活地で声を上げていただく賛同者を募っています。一般企業の皆様のご協力もお願いいたします。