2010💘💛佐伯河川国道事務所の発注の謎❓

九州地方整備局:佐伯河川国道事務所: 三現場、NETIS新技術『無水掘工法Ⓡ』活用 で6000万円縮減> 👉会計検査院 渉外広報室 副長 鈴木達也様


東日本大震災は悲しくも超自然災害における超想定外。


東九州道の元請協議でアンカー工事については、『想定』と曖昧な記述のため


『任意施工』とならざるを得なかったことは、想定外だった。(坪内工務課長談)


だが『無水掘工法®』を波当津、大越、青山の3工区で活用・686本・5878m


6000万円のコスト縮減は、大震災復興に向けて大貢献できた。


入札公告中に於いて、検討活用された坪内工務課長の勇気と決断、


その功績に対し感謝。


今後は、実施要領 『発注者指定型』 活用としての正しい履行のなかで


入札公告中においても、1209条に基づき検討して頂き 『無水掘工法®』


活用でコスト縮減を達成し復興資金を捻出して頂く事を念じます。

 

■■■ただし民間開発の新技術 『無水掘工法®』 NETIS №KK-980068ーVの活用


ですから、【 実施要領では『発注者指定型』であるべきが、『34%コスト縮減のみの活用』


となった】その積算根拠である執行予算の「研究開発費」に付きましては、


実施規約12条(特許権等知的財産権については、関係法令に基づき取り扱われるも


のであること。)及び60条(NETIS 申請者は、申請技術の活用等にあたり


発注者若しくは施工者から(中略)要請を受けた場合は、(中略)協力を行うこと。


なお、この協力に係る費用は発注者若しくは施工者とNETIS 申請者で負担についての


協議を行い決定するものとする。)に基づき、発注者若しくは施工者様から回収させて


頂きたくご理解とご協力をよろしくお願い致します。■■■ 

こちらから👉http://www.jos-s.co.jp/rikabari-tottki.html