●H28年度リカバリー明細

全国活用調査報告 ● ②東北編 ● ③関東編 ● ④北陸編 ● ⑤中部編 ● ⑥近畿編 ● ⑦中国編 ● ⑧四国編 ● ⑨九州編

全国活用調査報告 ー 全国活用実績表ーーー<7億1380万円コスト縮減達成内訳

ーーーーーーーーーー全国リカバリー明細表ーー<集計中:H28年度>

ーーーーーーーーーー近畿活用実績表ーーー<1億8307万円コスト縮減達成内訳

ーーーーーーーーーー近畿リカバリー明細表ーー<3億4000万円:H28年度>

⑥近畿管内:行政の発注者責任に於いて、詳細設計後の「設計見直しリカバリー制度」を活用できる案件! ーーーーーーーー

H28年度リカバリー明細合計 3億4000万円以上のコスト縮減が出来るはずです!

◆大阪府:◆設計業務等共通仕様書1209条・無水掘工法活用で2160万円の工事コスト縮減達成

◆H28年度<リカバリー明細>万円のコスト縮減が出来るはずです!

ーーーーーー急傾斜地崩壊危険箇所 : 2357箇所 (平成14年度公表)

ーーーーー● 大阪府:土木設計業務等共通仕様書1209条 ➡(活用検討必須事項)

◆京都府: ◆H28年度<リカバリー明細>4824万円のコスト縮減が出来るはずです!

ーーーーー -急傾斜地崩壊危険箇所 : 3765箇所 (平成14年度公表)

ーーーーー● 京都府:土木設計業務等共通仕様書1209条 ➡(活用検討必須事項)

◆奈良県:◆設計業務等共通仕様書1209条・無水掘工法活用で8208万円の工事コスト縮減達成

ーーーーーー 急傾斜地崩壊危険箇所 : 12247箇所 (平成14年度表)

※ 和歌山県は、新たに土砂災害の危険があると判明した急傾斜地など

549カ所を県のホームページで発表 ⇒ 和歌山土砂砂災害マップ

ーーーーー ● 和歌山県:土木設計業務等共通仕様書1209条 ➡(活用検討必須事項)

◆福井県:◆H28年度<リカバリー明細>3996万円のコスト縮減が出来るはずです!

◆H28年度<リカバリー明細>万円のコスト縮減が出来るはずです!

ーーーーーー 急傾斜地崩壊危険箇所 :4944箇所 (平成14年度公表)

ーーーー ● 奈良県:土木設計業務等共通仕様書1209条 ➡(活用検討必須事項)

◆和歌山県:◆H28年度<リカバリー明細>1億626万円のコスト縮減が出来るはずです!

ーーーーーー 急傾斜地崩壊危険箇所 : 3765箇所 (平成14年度公表)

福井県:土木設計業務等共通仕様書1209条 ➡(活用検討必須事項)

◆H26年8月20日広島市の土砂災害を受け、土砂災害警戒区域などの指定を待たず ーーーーーーーーー基礎調査が終わった時点で公表していくことが義務づけらた。

---------

◆兵庫県:◆H28年度<リカバリー明細>万円のコスト縮減が出来るはずです!

ただいま集計中

ーーーーーー 災害警戒区域 : 20029箇所 (平成25年度公表全国4位)

ーーーーーー 急傾斜地崩壊危険箇所 : 13550箇所 (平成14年度公表)表)

ーーーー● 兵庫県:土木設計業務等共通仕様書1209条 ➡(活用検討必須事項)

◆滋賀県:◆ 設計業務等共通仕様書1209条・ 無水掘工法活用で1668万円の工事コスト縮減達成

ただいま集計中

◆H28年度<リカバリー明細>万円のコスト縮減が出来るはずです!

ーーーーーー 急傾斜地崩壊危険箇所 : 2719箇所 (平成14年度公表)

ーーーーー ● 滋賀県:土木設計業務等共通仕様書1209条 ➡(活用検討必須事項)