💛全国活用調査報告 /近畿編

全国活用調査報告 ー 全国活用実績表<7億1380万円コスト縮減達成内訳>

ーーーーーーーーー 全国未活用明細表<100億3920万円:H21~26年度>

ーーーーーーーーー 近畿活用実績表<1億8307万円コスト縮減達成内訳>

ーー        近畿未活用明細表<21億6663万円:H21~26年度>

⑥近畿管内未活用編 事前 防減災工事のコスト縮減可能だった案件 H21~26年度試算 21億6663万円コスト縮減が出来たはずです!

◆大阪府:◆設計業務等共通仕様書1209条・無水掘工法活用で1.46億円の工事コスト縮減達成

◆H26~21年度の6年間<未活用明細>2億6412万円のコスト縮減が出来たはずです!

ーーーーーー急傾斜地崩壊危険箇所 : 2357箇所 (平成14年度公表)

● 大阪府:土木設計業務等共通仕様書1209条 ➡(活用検討必須事項)

◆滋賀県:◆ 設計業務等共通仕様書1209条・ 無水掘工法活用で1668万円の工事コスト縮減達成

◆H26~21年度の6年間<未活用明細>3億9110万円のコスト縮減が出来たはずです!

ーーーーーー 急傾斜地崩壊危険箇所 : 2719箇所 (平成14年度公表)

● 滋賀県:土木設計業務等共通仕様書1209条 ➡(活用検討必須事項)

ーーーーー -急傾斜地崩壊危険箇所 : 3765箇所 (平成14年度公表)

● 京都府:土木設計業務等共通仕様書1209条 ➡(活用検討必須事項)

◆京都府: ◆H26~21年度の6年間<未活用明細>5億8448万円のコスト縮減が出来たはずです!


◆兵庫県:◆H26~21年度の6年間<未活用明細>3億2757万円のコスト縮減が出来たはずです!

ーーーーーー 災害警戒区域 : 20029箇所 (平成25年度公表全国4位)

ーーーーーー 急傾斜地崩壊危険箇所 : 13550箇所 (平成14年度公表)表)

● 兵庫県:土木設計業務等共通仕様書1209条 ➡(活用検討必須事項)

◆奈良県:◆設計業務等共通仕様書1209条・無水掘工法活用で894万円の工事コスト縮減達成

◆H26~21年度の6年間<未活用明細>4億2842万円のコスト縮減が出来たはずです!

ーーーーーー 急傾斜地崩壊危険箇所 :4944箇所 (平成14年度公表)

● 奈良県:土木設計業務等共通仕様書1209条 ➡(活用検討必須事項)

◆和歌山県:◆H26~21年度の6年間<未活用明細>3億0120万円のコスト縮減が出来たはず!

ーーーーーー 急傾斜地崩壊危険箇所 : 12247箇所 (平成14年度表)

※ 和歌山県は、新たに土砂災害の危険があると判明した急傾斜地など

549カ所を県のホームページで発表 ⇒ 和歌山土砂砂災害マップ

● 和歌山県:土木設計業務等共通仕様書1209条 ➡(活用検討必須事項)

◆H26年8月20日広島市の土砂災害を受け、土砂災害警戒区域などの指定を待たず 基礎調査が終わった時点で公表していくことが義務づけらた。

H25.9.16 全国初の特別警報が発令!超大型18号台風 京都・滋賀・福井(2人死亡) 87万人避難勧告!H23.奈良・和歌山県は台風12号で甚大な被害を被りました。今現在(H25.9.16)も復旧継続中です。

◆福井県: ◆H26~21年度の6年間<未活用明細>1億7094万円のコスト縮減が出来たはずです!

ーーーーーー 急傾斜地崩壊危険箇所 : 3765箇所 (平成14年度公表)

● 福井県:土木設計業務等共通仕様書1209条 ➡(活用検討必須事項)