九州編

全国活用調査報告 ー 全国活用実績表ーーー<7億1380万円コスト縮減達成内訳>

ーーーーーーーーーー 全国未活用明細ーーー<100億3920万円:H26~21年度

ーーーーーーーーーー 九州活用実績表ーーー<集計中>

ーーーーーーーーーー 九州未活用明細ーーー<13億1544万円:H26~21年度>

九州地整 九州建設技術フォーラム2004in北九州 災害直後写真 復旧工事中写真

⑨九州管内未活用編 事前 防減災工事のコスト縮減可能だった案件 ーーーーーーー

H26~21年度試算合計 13億1544万円コスト縮減が出来たはずです!

元へ戻る宮崎県熊本県鹿児島県大分県長崎県福岡県●佐賀県

福岡県: ◆H26~21年度の<未活用明細>2億7234万円のコスト縮減が出来たはずです!

ーーーーーー 急傾斜地崩壊危険箇所 : 8382 箇所 (平成14年度公表)

ーーーーー● 福岡県:土木設計業務等共通仕様書1209条 ➡(活用検討必須事項)

◆佐賀県: ◆H25・24・23年度の<集計中>0000万円のコスト縮減が出来たはずです!

ーーーー 急傾斜地崩壊危険箇所 : 6266 箇所 (平成14年度公表)

ーーーーー● 佐賀県:土木設計業務等共通仕様書1209条 ➡(活用検討必須事項)

長崎県: ◆H26~21年度の<未活用明細>2億9430万円のコスト縮減が出来たはずです!

ーーーーーー 急傾斜地崩壊危険箇所 : 8866 箇所 (平成14年度公表)

ーーーーー ● 長崎県:土木設計業務等共通仕様書1209条 ➡(活用検討必須事項)

熊本県:◆H26~21年度の<未活用明細>2億5062万円のコスト縮減が出来たはずです!

ーーーーーー 急傾斜地崩壊危険箇所 : 9463 箇所 (平成14年度公表)

ーーーーー● 熊本県:土木設計業務等共通仕様書1209条 ➡(活用検討必須事項)

大分県: ◆H26~21年度の<未活用明細>1億0986万円のコスト縮減が出来たはずです!

ーーーー 急傾斜地崩壊危険箇所 : 14293 箇所 (平成14年度公表)

ーーーーー ● 大分県:土木設計業務等共通仕様書1209条 ➡(活用検討必須事項)

宮崎県:◆H26~21年度の<未活用明細>2億2152万円のコスト縮減が出来たはずです!

ーーーーーー急傾斜地崩壊危険箇所 : 8314 箇所 (平成14年度公表)

ーーーーー● 宮崎県:土木設計業務等共通仕様書1209条 ➡(活用検討必須事項)

鹿児島県:◆H26~21年度の<未活用明細>1億6680万円のコスト縮減が出来たはずです!

ーーーーー 急傾斜地崩壊危険箇所 : 11818 箇所 (平成14年度公表)

ーーーーー ● 鹿児島県:土木設計業務等共通仕様書1209条 ➡(活用検討必須事項)

H26.7.8 超大型8号台風今年初の特別警報が発令! 沖縄・九州43万人避難勧告!