東北編

福島県:◆H26・22・21年度の3年間<未活用明細>3138万円のコスト縮減が出来たはずです!

ーーーーーーーー急傾斜地崩壊危険箇所 : 4274箇所 (平成14年度公表)

ーーー● 福島県:土木設計業務等共通仕様書1209条 ➡(活用検討必須事項)

全国活用調査報告 -全国活用実績表ーーー<7億1380万円コスト縮減達成内訳>

全国未活用明細ーーー<100億3920万円:H26~21年度

ー ーーーーーーーー 東北活用実績表ーーー<集計中>

ーーーーーーーーー 東北未活用明細ーーー <1億4682万円:H26・22・21年度>

②東北管内未活用編 事前 防減災工事のコスト縮減可能だった案件 ーーーーーーーー H26・22・21年度の3年間試算合計: //1億4682万円コスト縮減が出来たはずです!

元へ戻る●青森県岩手県宮城県秋田県福島県山形県

青森県:◆H26年度の<未活用明細>2226万円のコスト縮減が出来たはずです!

ーーーーーー急傾斜地崩壊危険箇所 : 2812箇所 (平成14年度公表)

青森県:土木設計業務等共通仕様書1209条 ➡(活用検討必須事項)

岩手県:◆H26・22・21年度の3年間<未活用明細>2088万円のコスト縮減が出来たはずです!

ーーーーーー急傾斜地崩壊危険箇所 : 6959箇所 (平成14年度公表)

岩手県:土木設計業務等共通仕様書1209条 ➡(活用検討必須事項)

宮城県:◆H26年度の<未活用明細>384万円のコスト縮減が出来たはずです!

ーーーーーー急傾斜地崩壊危険箇所 : 4964箇所 (平成14年度公表)

ーーー● 宮城県:土木設計業務等共通仕様書1209条 ➡(活用検討必須事項)

秋田県:◆H26年度の<未活用明細>2502万円のコスト縮減が出来たはずです!

ーーーーーー 急傾斜地崩壊危険箇所 : 3236箇所 (平成14年度公表)

ーーー● 秋田県:土木設計業務等共通仕様書1209条 ➡(活用検討必須事項)

山形県:◆H26年度の<未活用明細>4344万円のコスト縮減が出来たはずです!

ーーーーーー急傾斜地崩壊危険箇所 : 1325箇所 (平成14年度公表)

ーーー● 山形県:土木設計業務等共通仕様書1209条 ➡(活用検討必須事項)

ーーーーーーーーーー政府緊急提案

H26.8.20未明 広島大規模土砂災害 死者74人 !!