関東編

全国活用調査報告 ー 全国活用実績表ーーー<7億1380万円コスト縮減達成内訳>

全国未活用明細ーーー<100億3920万円:H26~21年度

ーーーーーーー 関東活用実績表ーーー<集計中>

ーーーーーーーーーー 関東未活用明細ーーー <23億6464万円:H26~21年度>

山梨県:◆H26・25・24・23年度の<未活用明細>7億2486万円のコスト縮減が出来たはずです!

ーーーーーー急傾斜地崩壊危険箇所 : 2715 箇所 (平成14年度公表)

ーーー ● 山梨県:土木設計業務等共通仕様書1209条 ➡(活用検討必須事項)

長野県:◆H26~21年度の6年間<未活用明細>6億2742万円のコスト縮減が出来たはずです!

ーーーーーー 急傾斜地崩壊危険箇所 : 8910 箇所 (平成14年度公表)

ーーー● 長野県:土木設計業務等共通仕様書1209条 ➡(活用検討必須事項)ーーーー

項)ーーーー

栃木県:◆H26・25・24・23年度の<未活用明細>8556万円のコスト縮減が出来たはずです!

ーーーーーー急傾斜地崩壊危険箇所 : 3529 箇所 (平成14年度公表)

ーーー● 栃木県:土木設計業務等共通仕様書1209条 ➡(活用検討必須事項)

群馬県:◆H26・25・24・23年度の<未活用明細>1億2234万円のコスト縮減が出来たはずです!

ーーーーーー急傾斜地崩壊危険箇所 : 4188 箇所 (平成14年度公表)

ーーー● 群馬県:土木設計業務等共通仕様書1209条 ➡(活用検討必須事項)

埼玉県:◆H26~21年度の6年間<未活用明細>8964万円のコスト縮減が出来たはずです!

ーーーーーー急傾斜地崩壊危険箇所 : 2907 箇所 (平成14年度公表)

ーーー● 埼玉県:土木設計業務等共通仕様書1209条 ➡(活用検討必須事項)

千葉県:◆H26~21年度の6年間<未活用明細>6592万円のコスト縮減が出来たはずです!

ーーーーー 急傾斜地崩壊危険箇所 : 9071 箇所 (平成14年度公表)

ーーー● 千葉県:土木設計業務等共通仕様書1209条 ➡(活用検討必須事項)

東京都:◆H26・25・24・23年度の<未活用明細>4億1520万円のコスト縮減が出来たはずです!

ーーーーー 急傾斜地崩壊危険箇所 : 3057 箇所 (平成14年度公表)

ーーー● 東京都:土木設計業務等共通仕様書1209条 ➡(活用検討必須事項)

神奈川県:◆H26~21年度の6年間<未活用明細>1億5780万円のコスト縮減が出来たはずです!

ーーーーーー 急傾斜地崩壊危険箇所 : 7163 箇所 (平成14年度公表)

ーーーーー8月27日NHK横浜市警戒区域2000か所 2014/08/27 (NHK総合[おはよう日本])

ーーーーー 土砂災害危険箇所 : 8160箇所 (平成14年度公表)

ーー ● 神奈川県:土木設計業務等共通仕様書1209条 ➡(活用検討必須事項)

③関東管内未活用編 事前 防減災工事のコスト縮減可能だった案件 ーーーーーーーーーH26~21年度試算合計: //23億6464万円コスト縮減が出来たはずです!

元へ戻る山梨県長野県東京都茨城県群馬県埼玉県神奈川県千葉県栃木県

茨城県:◆H26・25年度の<未活用明細>7590万円のコスト縮減が出来たはずです!

ーーーーーー急傾斜地崩壊危険箇所 : 2309 箇所 (平成14年度公表)

ーーー● 茨木県:土木設計業務等共通仕様書1209条 ➡(活用検討必須事項)

広島・土砂災害・各地の備えは H26.8.20未明 広島大規模土砂災害 死者74人!!

広島・土砂災害から1週間。

土砂災害の可能性のある地域は全国でも少なくない。

災害を未然に防ごうとする対策とともに、すばやい避難をしようという取り組みを取材。

横浜市は山を切り開いた地域が多く、土砂災害警戒地域が2000か所を超えるという。

市では私有地にがけの補強工事に補助金をだしている。

しかし、工事の規模によっては1000万円を超え、補強工事の補助金は一部のみしか出ないため、昨年度は24件にとどまった。

市では比較的安い補強工事でも補助金を出すことにしている。

群馬・みなかみ町では平成10年の集中豪雨で土砂災害が発生し大きな被害を受けた。

かつて被害を受けた場所を視察するなど前兆を察知し情報を共有することで素早い避難に生かそうとしている。

連絡網を紹介。

横浜市建築防災課担当課長・石田保、粟沢地区区長・阿部友太郎、災害時の避難に詳しい群馬大学・片田敏孝教授のコメント。

-------

ーーーーーーーーーー政府緊急提案