2002💘<報道発表>-国交省 大臣官房 技術調査課 公共事業調査室 『無水掘工法活用事例2:3200万円コスト縮減 平成14年9月5日

  NETIS有用な新技術・無水掘工法®👉(別紙4)有用な新技術の位置付け(PDF形式) 34%のコスト縮減技術が土砂災害大国 日本を救う 国交省~本省発表された平成24年度までに国・地方で  7.13億円事業費コスト縮減新技術  

👉『無水掘工法®』は、平成26年より全国障がい者の公益共有財産となりました。7.13億円は、障がい者が新しい納税者≪NewTaxPayer (ニュー・タックス・ペイヤー)≫として国庫に納税しました。

◇「新行動計画」に基づく公共工事コスト縮減効果の試算について  活用事例2:無水掘工法 平成14年9月5日

平成12年9月に公共工事コスト縮減対策関係閣僚会議において、平成12年度以降の政府の新たな「公共工事コスト縮減対策に関する新行動指針」が策定され、国土交通省においても平成13年3月に新行動指針を踏まえた「公共工事コスト縮減対策に関する新行動計画」を策定しました。

新行動指針では、「実施状況については、具体的施策の着実な推進を図る観点から、適切にフォローアップし、その結果を公表する。」こととしており、今回、平成13年度の実施状況をとりまとめ、報告するものです。

 ■ 本省発表:新聞記事

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。右のアイコンをクリックしてAcrobat Readerをダウンロードしてください(無償)。

Acrobat Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合はこちらをご参照下さい。

All Rights Reserved, Copyright (C) 2002, Ministry of Land, Infrastructure and Transport